病気を防ぐために・猫のワクチン接種の必要性について

愛くるしい仕草でストレスを癒してくれる猫

愛くるしい仕草で毎日のストレスを癒してくれる猫は、ペットの中でも人気があります。猫にも様々な病気がありますが、ワクチンを接種することである程度感染を防ぐことが可能と考えられています。

ワクチン接種をすることによって防ぐことが出来る病気としては、猫汎白血球減少症や猫ウイルス性鼻気管支炎、猫カリシウイルス感染症に加え、クラミジア感染などが挙げられます。ワクチン接種をするメリットは、病気を防ぐことが可能となることです。デメリットとして、まれに強いアレルギー反応であるアナフィラキシーショックや顔の腫れ、皮膚の赤みなどの副作用が出る場合もあります。下痢や嘔吐などが見られることもありますので、接種を行った場合は気をつけて見守ってあげることが必要です。

摂取のタイミングには個体差がありますが、母猫の移行抗体が無くなった時、およそ生後2~3ヵ月といわれており、複数回摂取することで免疫抗体が保たれています。

大好きな猫といつまでも一緒にいるためにワクチン接種をお勧めします

当院は、ペットが健やかな成長を遂げるためのトータルサポートをコンセプトとしています。医療を軸にトリミングサロンやペットホテルなどを展開し、高い技術力と専門性を持って動物歯科専門治療を行っているのが特徴です。

ワクチン接種も行っており、猫の場合は3種混合ワクチン4,500円、5種混合ワクチン7,000円となっております。猫へのワクチン接種は、犬の狂犬病の予防接種のように法律で定められた義務ではありません。しかし、ペットが健やかに育つためには飼い主様のペットに対する健康管理が不可欠です。かわいいペットの健康を維持し、いつまでも元気に過ごすことが出来るように、ワクチン接種を受けておくことをお勧めいたします。

歯や身体の病気の治療は勿論のこと、ワクチン接種のことなら医療環境やサポート体制が万全な荻窪ツイン動物病院にお任せください。飼い主様とペットが安心して医療が受けられるような態勢作りに力を入れています。