様々なお口の病気 

歯周病について

獣医療の発展や飼い主の意識の変化によりペットの高齢化が進んでいます。

さらに、3歳以上では実に8割のペットで歯周病になっているという報告もある事からこれから歯周病治療は益々重要な疾患と考えられます。

歯周病は細菌性疾患であることから、お口の中だけの問題に限らず、他の臓器に悪影響を及ぼす全身性疾患と考えられます。例えば、人では高齢者の口腔ケアにより誤嚥性肺炎の予防効果、抗がん剤治療を始める前の歯周治療による感染症リスクの回避、妊婦さんの低体重児出産の予防、など多様な側面から歯周病治療が重要と考えられています。これは、犬も猫も同じで歯周病と他疾患との関連性は報告されています。

若くて健康な歯の状態を維持することは、美味しくご飯が食べられるのと同時に病気予防にもなるのです。

当院では、定期的な歯磨きトレーニングによる歯周病予防の推進、その子に適した治療プランのご提案、術後のケア指導などを行い、歯周病治療のトータルケアをさせていただきます。

なお、当院では歯周病治療に対して歯周再生療法も行っております。

パピヨン 軽度歯周病

歯周病 治療前

治療前

歯周病 治療後

治療後

ミニチュアダックス 重度歯周病(抜歯)

犬 歯周病 抜歯 前

抜歯 前

犬 歯周病 抜歯 後

抜歯 後

猫 中程度歯周病(抜歯1ヶ月後)

猫 中程度歯周病 治療前

治療前

猫 中程度歯周病 治療後

治療後

虫歯について

人では口腔の2大疾患とされている歯周病と虫歯ですが、犬における発生は非常に少なく、猫での発生は認められていません。

その要因として、唾液のpH8.0とアルカリ性である事、歯に咬合面がほとんどない、咀嚼時間が少ない、食事に糖質が少なく、アミラーゼがほとんど含まれていないなど、が挙げられます。

この様に、発生率が低いため虫歯の診断と治療は難しく専門性の高い病気ともいえます。

診断が遅れると抜歯になりますが、初期であれば歯を残すことができます。

ミニチュアダックス

虫歯 治療前

治療前

虫歯 治療後

治療後

ミニチュアダックス

虫歯

虫歯

虫歯

虫歯

乳歯遺残

犬では特に小型犬に多く見られ、大型犬や猫ではほとんど認められません。

一般的に7ヵ月齢になっても乳歯が抜けずに残っている状態をいいます。

乳歯が邪魔になり永久歯が異常な方向に生えてしまう、乳歯と永久歯が接近しているために歯垢が付きやすく歯周病になりやすくなってしまう、などの問題を引き起こしやすくなります。治療は全身麻酔下での抜歯になります。

生後6ヵ月で生え替わりのチェックをしましょう。

トイプードル

乳歯遺残 治療前

治療前

乳歯遺残 治療後

治療後

眼窩下膿瘍

重度の歯周病もしくは歯の中(歯髄)の細菌感染によって歯の根っこが化膿した状態。

犬の一番大きい上の顎の奥歯(第4前臼歯)が原因であることが多く、その奥歯の根元が目の下にあるため膿をためて腫れてしまい、最終的には皮膚から膿が出てきます。

治療は原因である歯を特定して抜くことです。

抗生物質を内服する事で一時的には良くなりますが、必ず繰り返します。

ミニチュアダックス

眼窩下膿瘍①

ミニチュアダックス

眼窩下膿瘍②

猫の難治性口内炎

平均7歳で発症する重度の口内炎を伴う治療の難しい病気です。

主な症状は強い痛みからくる食欲低下、過剰なヨダレ、口臭、口を気にする仕草などです。

基本的には歯周病治療を行った後の内科治療や自宅でのオーラルケアが重要となります。

ただ、それでも管理が難しく積極的な抜歯処置が必要になることがほとんどです。

抜歯治療における有効率の報告では、全臼歯抜歯で約65%、全顎抜歯で約90%とされています。

抜歯には適切な鎮痛管理、適切な抜歯処置が必要になります。

猫 口内炎 治療前

治療前

猫 口内炎 治療後

治療後

不正咬合(異常咬合)

1本もしくは複数本の歯の位置異常もしくは歯を支える骨格の異常によりかみ合わせがズレてしまうことをいいます。

猫にも認められますが、小型犬に多く認められます。

好発する犬種があることから遺伝的な影響もあると考えられています。

歯が密接してしまい歯周病になりやすかったり、歯の生えた方向や位置が悪いと口の中を傷つけてしまう事もあります。

日常生活に障害が認められる場合は、矯正治療、抜歯治療、歯冠短縮術による治療が必要になります。

乳歯が生え変わる6?7カ月の時期に乳歯を抜歯することで、予防することも可能なケースがありますので、生後6カ月の頃に病院を受診してください。

トイプードル(本格矯正)

不正咬合

治療前

不正咬合

治療中

不正咬合

治療後

トイプードル(抜歯矯正)

抜歯矯正 治療前

治療前

抜歯矯正 治療中

治療中

抜歯矯正 治療後

治療後

口腔内腫瘍

口の中に発生する腫瘍は乳腺腫瘍、皮膚腫瘍、肥満細胞腫についで4番目に多い腫瘍です。

悪性腫瘍では、メラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫、良性腫瘍ではエプリスが多く認められます。

見た目では診断できないため、まずは一部組織を切除して検査に提出します。

その検査により診断名が確定してから治療方法を決定します。

メラノーマは転移しやすく、扁平上皮癌は浸潤が強いなど腫瘍にはそれぞれ異なった特徴があるためです。

治療は基本的に外科手術になります。そのため、口のどの場所にできたのか、大きさはどのくらいなのか、など正確に評価する必要があります。

進行してしまった腫瘍などは顎の骨ごと切除する必要があります。

口の中なので気付いた時にはすでに大きくなっている。という事がないように日頃から歯磨きをする前に口の中に異常が無いかどうかよく観察する様にしましょう。

メラノーマ(悪性黒色腫) ミニチュアダックス

メラノーマ(悪性黒色腫)
メラノーマ(悪性黒色腫)

扁平上皮癌 雑種

扁平上皮癌
扁平上皮癌

咬耗

硬いものやテニスボール、フリスビーで遊ぶことによって歯がすり減ることをいいます。

基本的に問題になる事はあまりありませんが、過度なすり減りは歯の神経が表面に露出する露髄(ろずい)を引き起こします。

露髄は痛みが強く治療が必要になります。気付かずに放置しておくと感染症を引き起こすこともあります。

治療は、歯内治療(歯の神経の治療)か抜歯になります。

フレンチブルドック

咬耗

破折

強い外力を受けたことで歯が折れることを破折(はせつ)といいます。

犬では主に硬いおもちゃ、骨や蹄などのガムを噛んだ事で奥歯が折れる事が多く、猫では高い所から落ちたり交通事故に遭ったりして犬歯が折れる事が多いです。

ほとんどの症例で歯の神経が表面に出ていることが多いため、治療は歯内治療(歯の神経の治療)か抜歯になります。飼い主様の希望次第ではクラウン(補綴)を被せることもあります。

第四前臼歯の平板破折(歯内治療) 柴犬

破折 治療前

治療前

破折 レントゲン

レントゲン

破折 治療後

治療後

犬歯破折(歯内治療、クラウン装着) ゴールデンレトリーバー

クラウン 治療前

治療前

クラウン 治療後

治療後