環境設備

動物病院には、健康な子から病気の子まで様々なペットが来院するため、感染症のリスクが高まります。

例えば、高齢で病気になってしまった免疫力の低下した子、抗がん剤治療によって一時的に免疫力の低下した子が、風邪をひいている子と同じ空間にいた場合、風邪がうつりさらには重症化することも考えられます。

当院では、飼い主様に安心して来院していただけるよう、院内における二次感染の予防、多剤耐性菌への対策、消臭を目的として「オゾン」「ハセッパー水」を導入しています。

オゾンエアー

bactectorHK3

オゾンとは3つの酸素原子からなる気体物質で、通常の大気中では自浄作用(除菌・脱臭など)をしています。オゾンから放出された酸素原子は、菌や臭い物質に接触することで消毒・殺菌・脱臭効果を発揮します。当院では、自然界に存在しているオゾンを活用することで使用する薬品の量を減らし、安全な衛生環境を保つよう努めています。

機器;Bactector HKⅢ

ハセッパー水

ハセッパー水

次亜塩素酸ナトリウムを殺菌の主成分とした生成水です。殺菌効果は高く、アルコールでは消毒できないようなノロウイルスにも有効です。生成装置によって弱酸性に調整されているため環境にも動物にも無害で安全性が高い消毒薬です。また、強力な消臭効果もあるため加湿器に混ぜて噴霧します。

当院では、院内清掃の他、歯科治療や感染創の消毒、皮膚病の治療などにも使用しています。

機器;CH-400