第4回 猫の歯周病と吸収病巣

今年の調査で初めて猫の飼育頭数が犬を上回ると言われて注目を集めている猫ちゃん。

心なしか動物病院でも猫ちゃんを診察する機会が多くなったように思います。

今回の猫ちゃんは5歳の男の子です。

歯石が付いてきて歯周病が気になるということで来院されました。

DSC00458 (2)

 

 

 

 

 

DSC00454 (2)

 

 

 

 

 

DSC00453 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色や茶色い歯石が全体的に歯の表面に付いているのが確認されます。

そして、歯ぐき(歯肉)が赤く腫れている事から歯周病になっている事がわかります。

飼い主さまは歯磨きをしていなかった為に、以前から気になっていたとお話しされていました。

しかし、猫ちゃんの歯磨きは少なくとも子猫の頃から慣らさないととても難しく、性格によるものも大きいため、歯磨きができない、もしくは歯磨きをしていない飼い主さまがほとんどです。

今回の症例では、全体的に歯周病が認められ、左の上あごと下あごの奥歯では重度の歯周病が疑われたため、全身麻酔下での歯科治療となりました。

通常通り、歯周病が重度の歯は抜歯して、その他の歯は綺麗に歯垢と歯石を除去した後、再度歯垢が付きにくい様にするため、表面を研磨剤で綺麗に磨きました。

さらに、左下あごの奥歯をレントゲン撮影したところ、歯が溶けている事が確認されました。(吸収病変)

032601_小関 ちびた_IntraOral_20151205130834 (2)

 

 

 

 

 

DSC00466 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のレントゲン写真と肉眼写真で歯の根っこが吸収(欠けている)を受けているのがわかりますでしょうか?対比するために正常なレントゲンを下記に載せます。

032601_小関 ちびた_IntraOral_20151205131234 (2)

 

 

 

 

 

 

 

猫ちゃんにはこの様に歯が吸収されてしまう状態が多発することがあります。

原因ははっきりわかっていませんが、神経が露出しているため痛みが伴いますので、治療方法は抜歯となります。

治療後1週間の写真になります。

 

 

DSC00559

 

 

 

 

 

DSC00558

 

 

 

 

 

DSC00557

 

 

 

 

 

 

とっても綺麗になりました♪♪

猫ちゃんの場合、今回のように歯周病以外にも先ほどのような「吸収病巣」という病気になっている子を比較的良く見かけます。

ご自宅の猫ちゃんの歯磨きができなくても、たまに歯の状況をチェックしてみてください。

治療が早ければ猫ちゃんも気持ちよくご飯が食べれるようになりますよ~

 

『歯科専門病院だからこそできる治療。確かな医療をペットに、正しい知識を飼い主さまに!』

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/

荻窪ツイン動物病院 院長 町田健吾

 

 

 

 

 

No Comments Yet.

Leave a comment